読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議な壁

日々思うこと、投資のこと、趣味のことなど幅広く思うがままに

株式投資 結局どういうこと?

株式投資といえば、デイトレやスウィングトレード、長期保有といったように分けられますが、一体全体なんなのでしょうか。
株式投資を日々上下する商品への賭け、みたいな感覚で考えている人がどうしても多いように見受けられますが、一度根本的なとこから考えてみるというのも大事だと思います。
そもそも株式ってなによという、概念の理解が大事かと。
 
まず、株式とはある企業の持ち分です。自己資金で株式会社を創設したらそれは100%の株式を自分で保有しているということだし、その企業が生む利益は全て自分に入るっていうことですね。50%を人に譲ったらその分は譲渡した人にいくっていう単純な話です。
 
もうちょっと話をすすめると、企業はよく借入もしているが、基本的には借入金は株式よりも優先されます。従って、借入金の返済、および利子払いが優先され、残った価値が株式の保有者、すなわち”株主”のものになるっていう。
これはよく言われる通り、株式投資は企業の"Partial Owner(部分的オーナー)"になるということです。
例えばトヨタ株を買った瞬間にその人はToyotaのオーナーですし、今後Toyotaが出す利益の一部をずっと得られるということですな。
 
当たり前の話ではあるんですが、こういう考えってあんまり理解されてなくて、株で勝った負けたとか賭博場のような扱いをされてるのは個人的には違和感があります。たとえ0.1%の持ち分とかでもその企業のオーナーになるということという認識がもっとされるといいかなとは思います。
 
せっかくオーナーになるのならば、魅力的な企業のオーナーになるほうがいいでしょう。
 
じゃあ魅力的な企業ってなんだ?っていう疑問になるのが自然だし、それが謎だから結局オーナーになるっていう考えが進まないのかもしれませんね。